初めて株を買った日の恥ずかしい話を書く。

2017年は投資信託のファンドをあれこれ買ってみたけれど、株についてはリスクが大きいのでやらないと決めていた。とはいえ、株も買ってみないとわからない。株を買ってみようか。どうせ買うなら、株主優待がもらえるお得な株がいい!というのが、初心者の株の選び方かもしれない。我ながら安易だ。

経済誌で注目株として必ず取り上げられていたのが「すかいらーく」だった。年に2回、株主優待として食事券がもらえる。100株保有していると6月に3000円、12月にも3000円。FPの勉強は主にジョナサンを利用したいたこと、大学の学食にすかいらーくが入っていたこともあって、熟考した結果この株にした。

年間配当金は以下の通り。
2015年 1株当たり33円(100株 3300円)
2016年 1株当たり38円(100株 3800円)
2017年 1株当たり40円(100株 4000円)※予想

 

私が株の注文をしたのは12/27だったけど、注文したのが夜だったので12/28の扱いになった。株式市場が開いている時間帯が日中の5時間のみということも、よくわかっていなかった。

さらに、12月の株主優待がもらえるものだと思っていたら、権利確定日というのがあって、12/28に株を注文しても株主の名簿には記載されないのだった。すかいらーくの権利確定日は、6月末日と12月末日。休日を除く3営業日前の「権利付き最終日」までに株を買わないと、その月の優待はもらえない。つまり、12/27までに注文しないといけなかった。1日遅かったので、12月の優待はもらえない。ショック!

今年のうちに株を買おう!と期限を決めてしまったことも失敗だった。株には「買い時」というのがあると知ったのは、株を買ったあとだった。権利確定日が近いと株を買う人が増えるので、株価が上がる。買うなら権利確定日の2〜3ヶ月前、株価が下がったときだ。

こうして、失敗を繰り返して学んでゆくのだと自分に言い聞かせる。とにかく、私は株主になった。それもこれもFPの勉強をした結果で、学びの一環。今日の日を笑えるときが来ますように。

 


スポンサーリンク