ファイナンシャル・プランニングは全部で6科目ある。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスクマネジメント
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業継承

これらを突き詰めて勉強していくと、税理士、宅建士、保険屋、投資家、と専門的な職業になっていくという印象を受けた。FPはそれらの業務を、広い範囲で学ぶ。勉強すればするほど、専門分野まで極めたくなるが、私には本職のITがあるので、そこまでは足を突っ込まないことにする。ただ、「金融資産運用」の分野については、やってみないと学んだことが理解できているのかすらわからない。

2017年は、投資家として一歩を踏み出した年だった。金融資産の運用=投資は、机の上でいくらテキストを読んだところで、わかったことにはならない。それで、2017年の始めに証券会社の口座を開設して、NISAと確定拠出年金(iDeCo)だけは運用を始めていた。とはいっても、いざ、NISAを始めよう!と意気込んだところで、どのファンドを買ったらいいのかさっぱりわからない。経済に関する書籍を1年で数多く読み、失敗を繰り返しながらなんとか投資の道を進んでいる。

金融庁が開催する「つみたてNISA Meetup」

年末、金融庁が「つみたてNISA Meetup」というイベントを各所で精力的に開催していることを知った。12/22(金)は東京の金融庁で開催されるというので、超初心者の私にとっては場違いかも知れないなと思いつつも、好奇心に身を任せることにした。

「つみたてNISA Meetup」とはつまり、個人投資家との意見交換会だ。運用会社6社の商品開発責任者がつみたてNISA の対象商品について、次々プレゼンしていく。その後、集まった投資家やゲストの方々が、意見を交わす。別室で懇親会もあった。お酒を片手にベテラン投資家の皆さんが専門的な話をしている中、投資1年目の私に声をかけてくださった方たちがいて、大変ありがたかった。私が今年投資したファンドの一覧をざっと見て

「これとこれはだぶってる」
「なんでインドネシアに投資してるの?」
「毎日毎日、どれくらい利益が出てるかチェックしてるんでしょう?そんなのは半年か1年に一度でいいのよ」

と、笑いながらもたくさんのアドバイスをくださった。そして、投資はたくさん失敗を繰り返していくものだと教わった。

この意見交換会は、とても有意義な時間だった。当日の資料など、金融庁のサイトでダウンロードできるので、リンクを残しておく。次回もぜひ参加したい。

金融庁|つみたてNISA Meetup(個人投資家との意見交換会)
http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/opinion/


この日、名刺交換させていただいた中に、経済評論家の山崎元さんがいらっしゃった。山崎さんの著書は何冊か読んで、大いに参考にさせていただいた。

スポンサーリンク