9/30、応援バスツアー当日。集合場所の宇土市役所に到着すると、そこにいたのは赤い応援Tシャツを着た植田直通後援会の会長さん、宇土市長の元松さんだった!もう着てくださってる!うれしい!お似合い!

市長さんとはこれまで、何度かメールでやりとりしてきたので、この日お目にかかるのをとても楽しみにしていたのだ。

 

鳥栖に向かうサービスエリアで、1号車から3号車まで集合して記念撮影。
子どもも大人もみんなお揃い。
みんな格好いい!
うれしくてちょっと泣きそう。

 

スタジアムに到着すると、植田選手のおばあちゃんがTシャツを着てバスから降りてきた!じーん。その手には、新聞バッグが。

この新聞バッグは、9/23(土)のガンバ大阪戦で劇的決勝ゴールを決めた植田選手の新聞でつくられている。バスツアー前日にご両親に差し上げたものだった。こんなに喜んでくださるなんて!

新聞バッグの講師をしていてよかった。そして、出発前日の夜、新聞バッグをつくってきてよかった。

 

試合中、メインスタンドには植田選手のご家族が赤いTシャツを着て応援していて、その姿がなによりもうれしかった。

 

試合後、サプライズで植田選手がバスの見送りに来てくれた。ご家族がや後援会がお願いしたわけではなかったらしい。その気持ちがうれしかった。

宇土の子供たちが、思いがけない植田選手の登場に大喜びだった。植田選手は彼らのヒーローなのだ。試合直後でお疲れのところ、子どもたち全員にサインをしてくれて、気づいた頃には日が暮れかけていた。

 

応援Tシャツのデザインをさせていただいて、植田選手を世界で一番応援している宇土の皆さんが、うれしそうに着てくれている姿は一生の思い出になった。バス車内では、この他にも私がデザインさせていただいた植田選手のグッズを販売したり、とても喜んでいただいた。普段、ウェブデザインが主な仕事なので、「手に取れるもの」は特別な思いがある。完成したものを手にするまでは不安で仕方がなかった。いいものができて、本当によかった。

貴重な経験と思い出を、ありがとうございました。
がんばれ、植田選手!

 

応援Tシャツ発売中です

 

植田直通選手の応援Tシャツ(1)
植田直通選手の応援Tシャツ(2)
植田直通選手の応援Tシャツ(3)

スポンサーリンク