潮来市にある愛友酒造さんのステッカーをデザインさせていただいた。昔のデザインを現代に蘇らせるプロジェクトの続編で、販促グッズがないことを兼平社長が話していたことがあった。

昔のデザインを現代に蘇らせる -1(スタンプ編)

以前、兼平社長がお酒のイベントで海外に行ったとき、会場でとても人気があったのはこういった「ジャパニーズ酒」デザインのステッカーだったそう。他の酒蔵の参加者が、ステッカーをたくさん持参したことで、海外の方がたくさん群がっていたそうだ。一方、愛友酒造さんは販促グッズがなかったと聞いて、今回こうして形になった。

オンラインショップでお買い物した方、酒蔵見学の記念としても活用していく。そして、普段お世話になっている方にも。愛友酒造さんと関わる方に、喜んでもらえるようなステッカーになったのではないかと思う。

ステッカーには、あの風呂敷に描かれていた酒樽をメインにデザインした。

  • 茨城県潮来市の酒蔵であることがわかるように住所、電話番号を入れる
  • 1804年創業の老舗であることがわかる
  • ウェブサイトにアクセスしてもらえるようにURLを入れる

直径7.5cmのステッカーに、必要最低限の情報をシンプルにまとめた。今年は新型コロナウィルスの影響で、お酒のイベントはほとんどが中止になってしまった。次回、兼平社長が海外のイベントに参加する際は、たくさん持参していただきたい。私もこのステッカーをトランクに貼って、また海外を旅したい。

スポンサーリンク